会員登録/ログイン

蒼天の竜

プロローグ

深夜のこの街を明るく照らすライトそして騒音を撒き散らすバイク音が鳴っている。

「うるさいな。ガキ共が騒ぐんじゃない。」

走る抜けるバイク音に聞こえないことのわかっている文句を言うだけの大人達

大人達からは、チンピラなんて呼ばれたっていいただ俺達は、自分の信じた道をいくしかないんだから。

明るいライトとバイク音は走り抜けていく

そう、己の信じた道を目指して

/2ページ 

週間ランキング