会員登録/ログイン

10代女性も抗衰抗シワの大軍に入った

  • 作品画像
    完結
    2021/7/13 更新
    10代女性も抗衰抗シワの大軍に入った/  barber
    総閲覧数(474) レビュー数(0) しおり数(0)

    作品紹介

    最年少の90后は30歳近くになった。年を取るにつれて、90后も衰えとしわに抗う大軍になった。シワ対策は女子の間では避けられない話題ですが、肌の引き締めには日々のシワ対策の仕事が欠かせません。自分の若さをつなぎとめるには、早めに始めましょう。

    老化というと、まず思い浮かぶのはシワ、皺、法令紋などです。多くの女性は、この2つの部分に特別ケアをしています。実はシワは、個別の部位だけでなく、分けてケアするのです。目の肌、顔の肌、体の部分にシワ対策が必要です。

    一、目の肌にシワを防ぐ

    目の周りの肌のデリケートな部分は、乾燥やシワが目立ちやすいです。そんなときは目の手入れが必要です。しかし、時間は取り返しがつかないもので、とくに年をとってからは、シワを予防することから、皺を薄くして肌を引き締めることが主な仕事になります。

    目の皺の発生には大きく2つの原因があります。一つは、目を使いすぎて、毎日画面を見すぎたり、夜更かしをしたりすると、皺の発生が加速してしまうからです。もう一つは、目の周りのケア不足、肌の水分不足や栄養不足による乾燥や細皺。

    目のシワを減らしたい女性は、夜更かしをしないようにしましょう。十分な睡眠をとることで基礎代謝が保たれるだけでなく、目を使う時間も少なくなります。

    次に、シワを薄くするポイントは、細胞に栄養を補給し、基底細胞がそれを吸収して細胞代謝を促進し、目の周りの肌を豊かにすることです。

    エッセンスやアイクリームなどのアイケア製品を使うときには、マッサージをして栄養素の吸収を促進しましょう。内側から外側に塗って、目のまわりをなめらかにこめかみまで伸ばすと、目のまわりの血行がよくなり、クマや目の下などのトラブルが改善します。

    老けて見えるのは、目の表情も関係しています。目尻の垂れがひどい場合や、目の周りに皺がある場合は、実際の年齢よりも老けて見えます。目尻や口もとが下がっているのは主に引力によるもので、肌を引き締めることができます。

    肌のたるみを気にしても、まず肌に栄養を与えましょう。目に栄養を与えるクリームを選ぶ際には、成分に量子レベルの小分子を含ませ、肌に油や水分を補給することで、栄養が筋底に浸透し、内側から肌を引き締めます。

    次は引っ張り上げの仕事です。女性たちは専用の引き締まったシールを使ってスキンケアをし、各部位の形状に合わせて、たるみ肌を集中的に改善していきます。肌を引き締める効果のあるパックやパックを日常的に使うと、たるみを遅らせる効果があります。

    二、顔の肌はしわに抵抗する

    目に比べて、顔の肌の老化は遅くなりますが、直面している問題は多く、日常的に清潔にし、水分や保湿を十分に保つことで、顔にシワを防ぐ基礎を筑いていくことができます。

    若ければホルモンの分泌過多で吹き出物ができなくなると言われていますが、生活習慣が悪いと肌の脂の分泌が促進されたり、生活環境の汚染で空気中の粒子状物質が顔に吸着したり、汚れや脂が混じって毛穴が詰まったり、肌トラブルが増えてしまいます。

    毛穴が詰まると、肌から油が出たり、黒ずみやにきびができたりします。また、スキンケアの栄養素の吸収を妨げてしまいます。高価なスキンケアを無駄にしてしまうだけでなく、肌がケアを受けられなくなってしまいます。

    毛穴をよくするためにまずやるのは日常の掃除です。特に油が出ている場合を除き、朝はきれいな水で洗顔し、夜はクレンジングをして洗顔料を使うといいでしょう。

    また、定期的に掃除をすることも大切です。周に1 ~ 2回クレンザーを使って、毛穴の奥の汚れを落としていきます。月に1 ~ 2回の角質除去をすることで、肌への栄養インプットをスムーズに進めることができます。

    三、体の肌がシワに抵抗する

    皮膚は人体の器官であり、主要な構造はおおむね各部で共通しているので、基礎的なボディケアは顔の基礎的なケアに倣うことができます。唯一の違いは、顔に比べてオイルが少ないため、オイル不足による乾燥が起こりやすいので、基礎ケアが重要なのかもしれません。

    すれば多くの娘は、お风吕で一部の保湿液を浴び、後続のように体の乳を塗ったはいらない。誤算だ!室外温度暑くも寒くて、身体を濡らしても必要で体の乳は肌をさらに保湿。

    冬は体の水分をしっかりとキープして、肌を敏感に乾燥させないようにしましょう。まるでオリーブ、グリセリン、羊油などの油脂の含有量の高い体の乳は良い選択で、女子生徒たちが涂り続けなければならず、少なくとも1週間を少なくとも3回やる。Read more at: https://www.formaldressau.com/collections/formal-dresses | https://www.formaldressau.com/collections/formal-dresses-perth


週間ランキング