会員登録/ログイン

この三つの特徴を持つ女性に巻き毛は似合わない

  • 作品画像
    完結
    2021/8/18 更新
    この三つの特徴を持つ女性に巻き毛は似合わない/  barber
    総閲覧数(431) レビュー数(0) しおり数(0)

    作品紹介

    私はヘアスタイリストであり、ファッション分野のセルフメディエーターでもあり、ヘアスタイル選びに関する記事や動画を数多く投稿しており、そのアドバイスは多くのファンやネットユーザーにも認められています。最近では、私がお勧めするヘアスタイルは美人ばかりで、50代、60代の一般の人にはもっと生活的なヘアスタイルを勧めたいと、私信を持ってからかっているファンもいる。

    ここ数年発表してきた作品を振り返ってみると、確かに写真モデルを選ぶときには、若くてきれいな人が選ばれ、最下層の読者であるファンのニーズを無視していました。今日は、私が日々の仕事で抱えている問題点を踏まえて、中高年女性の髪型選びの注意点や、落雷を減らす方法、生活に役立つ髪型をおすすめしたいと思います。

    今回は、50歳を過ぎた女性のパーマについて、たとえばパーマが似合わない人は3パターン、若くてきれいな髪型を選ぶにはどうしたらいいかなど、具体的には次の3つから展開していきます。

    1、顔が大きい女性はパーマが似合わない;

    2、ひどくふんわり乾燥したソファー自来パーマ質はパーマに適しません;

    3、パーマはボリュームの多い人には向かない。

    この3つの特徴がある場合は、カールしたヘアスタイル、特にカールしたヘアスタイルは避けたほうがいいでしょう。これはあくまでも大衆的な審美眼からいったもので、具体的なヘアスタイルは本人に会って初めてパーマが似合うかどうかを確認することができる。これら3つの特徴について、なぜパーマが合わないのか、どうアレンジすれば自分に合ったダウンヘアになるのかを解説していきます。

    顔のボリュームは小巻きには向かない

    顔の大きさはパーマをかけて小さくカールさせると、顔の大きさがより際立ちます。カールしたヘアスタイルはふんわりとしているので、見た目にも顔の大きさや頭の大きさが出て違和感が出てしまいます。

    しかし、そのような特徴を持っている人が必ずしもパーマに向いていないわけではなく、主にどのような髪型をしているかを見ている。ショートヘアを選ぶなら、パーマをかけたほうが元気で若々しく見えます。しかし、一般の人は髪を短く切りたくないので、パーマはかけないほうがいいでしょう。

    短めのヘアスタイルが苦手でパーマをかけたい場合は、キメパーマを選ぶのもいいでしょう。カールしているようにカールしていても手入れがしやすく、髪色やスタイルをコントロールすることで、顔が小さく見えたり、髪型のおしゃれさが増したり、年齢を減らす効果も得られます。

    絶対的に似合う、似合わないはありません。主にどんな髪型を選ぶかです。髪型が悪いと外見がダメになるという言葉がある。顔の形に合った髪型は整形に匹敵する。髪型は顔の形や雰囲気に合うようにしなければならないという意味なので、顔が大きいのは小巻きタイプの髪型ではなく、小巻きだけを避けたほうがいい。

    ソファーの巻き毛はパーマに向かない

    ソファはパーマがかかっていて、ふわっとしていて、どっしりとしています。パーマは手入れが悪いと、ぼやけて見えます。もしあなたの髪質がこのようなタイプの場合は、パーマをかけてもうまくつくれなくて後悔しないように慎重に検討しましょう。

    どんなに良いパーマに水を使っても髪を傷めます。どんなに高度な技術でも髪質を少しも傷めないわけではありません。ソファは髪質そのものが毛が短い水不足の髪質なので、パーマをかけた后にさらに枯れ毛になってしまいます。

    ソファーは髪をカットして、自分の顔に合ったものを選ぶだけで十分。パーマをかけたい場合は、長めにしてから考え、ショートヘアはパーマをかけないほうがいい。ロングヘアには、ストレッチ+カールなどのバリエーションが多いのですが、ショートヘアは、老けにくいのはもちろん、主に髪質が苦手なのです。

    ショートヘアを選ぶ場合は、腕のいいトニー先生に、あなたの顔型や髪質に合わせて、あなたに合ったショートヘアをデザインしてもらうのが効果的です。短く切ってもふんわり感があるので、アレンジがいらず、長持ちする。

    パーマは超ボリュームのある人には向かない

    パーマをかけるとボリュームが出てしまいますが、もともとボリュームが多い人は、ふわっとして爆発してしまいます。ですから髪の量が多い人は、安易にパーマを選ばないと横転してしまいます。

    ただし、ボリュームのある人がパーマをかけられないというわけではありません。スタイルをよくして、自分の髪のボリュームを調整し、慎重に適切なカールを選んでパーマをかけることで、自然にパーマがかかりすぎないようにしましょう。

    前にも言いましたが、絶対に向いている、向いていないということはなくて、ポイントはデザインです。髪の量が多い人は、髪の量を少し少なく見せることを目的としています。この目標に沿って髪形をデザインするだけで、パーマやストレートはどちらでもきれいです。

    ボリュームの多いカールもたくさんありますが、小巻きは考えないほうがいいでしょう。キメパーマ、テールパーマなどを選択することでキメや流れが生まれ、ふわっとしすぎず日常的に整えられます。自分の肌色に合った髪色を合わせれば、ファッションだけでなく若々しく見えます。

    これらの髪型は生活的で、中高年の好みにも合っているし、モデルもこの年齢の人が多いので、より身近で作りやすい。

    これらの写真はいずれも50代、60代の中年向けの髪型で、パーマの目的はおしゃれか、ボリュームを出したり、手入れをしたりすることです。ただし、自分の髪質に合うようにしましょう。前述した3つのパターンはなるべく避けて、パーマをかけないようにしましょう。パーマをかけるにしても、大きめのカールを選んだほうがいいでしょう。少しでも色がついていればプラスになります。あるいは経験のあるトニー先生にアレンジしてもらうことで、あなたの髪に最適なスタイルを選ぶことができます。Read more at:https://www.formaldressau.com/collections/white-formal-dresses | https://www.formaldressau.com/collections/black-formal-dresses


週間ランキング