会員登録/ログイン

年齢は半ばを過ぎても若く美しい

  • 作品画像
    完結
    2021/8/20 更新
    年齢は半ばを過ぎても若く美しい/  barber
    総閲覧数(452) レビュー数(0) しおり数(0)

    作品紹介

    多くの人は、50歳を過ぎると、いろいろな理由で身だしなみが落ちてきて、もう若い人ほどきれいにはなれないと思ったり、年齢のせいでコーディネートに制限があったりして、ファッションアイテムに挑戦できなくなってきています。

    しかし、その実、年齢にはそれぞれ独特の美しさがあり、女性の場合、たとえ年齢が半ばを過ぎていても、着こなしをごまかしすぎず、コーディネートをほどよく身につけたほうが、美しく優雅になれるのです。今回は、素人ブロガー50+私です、年上女のお手本です。年齢も半ばを過ぎても若くて綺麗なこのお姉さんの着こなし術をぜひ参考にして、コーディネートのヒントをお届けしたいと思います!

    その1自分の色の選択を制限しない

    达は総は、白黒の灰と、カーキ色の、カレー色、ベージュや褐色の中心の中性色より適している年配姉さん、これは全体的に見て、中性の色はあまり挑人と規制緩和、実は制御すれば、各種のカラー系も含め、我々の選択の幅が着たに対するほど中性の色より减齢优雅。

    この素人ブロガーのように、黒や白、カーキやその他のローカル系の姿も、赤や緑、黄色、青などのカラー系の魅力も、その着こなしの中に見えてきます。

    カラー系は明度が高いため、視覚的に際立ち、息苦しさを打ち破ることができるほか、血色をアップさせる効果もあり、特にナツメレッド、チェリーレッド、ブルーなどは鮮やかに彩ります。

    フレアな赤系アイテムは扱いづらくて浮ついてしまいそうなので、下半身にのせたり、白や黒のアイテムで中和したりするのも、50代女子ならアリの案です。

    前者はスタイリングにアクセントを加えたうえで、カラー系は肌色の問題を出さないように、后者は黒系が赤系の抜けをバランスよくすることで明暗の結びつきがよくなる。

    黒やグレー、薄めのカーキや薄めのカレー色は、50代女性の大人っぽさを演出するのに重宝しますが、配色は引き算が必要です。

    ベースカラーにアース系を組み合わせたり、同色/近所色を組み合わせたりすると、50女にやさしい。

    二、正しく肌を見せると若返る

    50代の女性の多くは控えめな服装をしていて、いつも長袖や長ズボンを選んでいますが、それがあなたを10歳老けさせているように見せています。

    逆に、若くてきれいな年配の女性の多くは、クローゼットに肌見せアイテムが欠かせません。袖なしワンピース、vネックワンピース、肩掛け一文字、半袖シャツ、タンクトップ、半ズボン、九分丈のパンツなどです。

    これらの肌見せアイテムは、長袖パンツに比べて四肢のラインを広げるだけでなく、全体のスタイリングのアクセントや女性らしさをアップさせてくれます。

    肌見せアイテムを試してみない人が多いのは、結局、ぜい肉が出ることを心配しているからですが、正しく肌を出せば、どこまできれいに出せば、肌見せアイテムは痩せ効果もあるのです。

    たとえば首が短く、肩幅が広く背中が厚い年配の女性には、首のラインが伸びて見えやせ効果のある襟の広いトップスやワンピースがおすすめです。

    その3おしゃれな要素で階層感を上げる

    50代女性の服装がガサッとしているのか、若々しいのかは、アイテムのスタイルや服装のレベルに大きく関系します。

    若々しくキレイめでヤンパな着こなしを演出するなら、夏は小花やプリント、ドットやストライプなどを重ねたファッションアイテムを優先的に取り入れましょう。

    これらの要素が洒落とオシャレを両立させ、アイテムの層を厚くしたうえで、ロマンティックでエレガントな夏の雰囲気を作ることができます。

    ワントーンプリントワンピやドットワンピースは夏の人気アイテムで、ロマンチックで年齢を落としてオシャレですが、ウエストデザインやベルトでウエストラインを上げるのも忘れずに。

    体のバランスが良くなるだけでなく、より長く、より短くすることができます。

    その4スタイルを調和させて焦点を合わせる

    50代の女の服装が老けて重苦しいのは、色使いが抑えられているうえに、組み合わせ方が間違っているのかもしれない。

    たとえば、厳しすぎたり甘すぎたりすると、視覚的に違和感を覚えることがありますが、逆にスタイルをうまく組み合わせることで、エレガントさとおしゃれさを両立させることができます。

    たとえばワンピースやプリントのハーフスカートは、白靴でスカートのフレア感を中和させ、ハイヒールよりも優しくラフに。

    スタイリングの古い雰囲気を打破する方法としては、カラー系スカーフ、ネックレス、イヤーアクセサリー、ベルト、藁帽子、藁バッグなど、アクセサリーで焦点を当てる方法もあります。

    以上、今回は50代女性の着こなしをご紹介しましたが、上から見ると、オシャレな女性は、たとえ30代になっても、若くキレイに着こなすことができるので、気に入ったら彼女の着こなし術を参考にしてみてはいかがでしょうか。Read more at: https://www.formaldressau.com/collections/formal-dresses-sydney | https://www.formaldressau.com/


週間ランキング