会員登録/ログイン

これが五十歳のお母さんらしい身なりだ

  • 作品画像
    完結
    2021/10/17 更新
    これが五十歳のお母さんらしい身なりだ/  barber
    総閲覧数(767) レビュー数(0) しおり数(0)

    作品紹介

    五十代、六十代の中年ママにとって、着心地のよさは、服が使えるかどうかを考える要素のひとつです。洋服をたくさん選ぶ必要はありませんが、洋服がオーバーレイされると、使用価値を発揮できず、クロゼットのスペースを占拠してしまい、選びにくくなってしまうこともあります。むしろ、次の3つのベーシックアイテムをしっかり押さえておくと、秋冬の着こなしに苦労せず、暖かくて快適なつくりになっています。

    1、ロングコート

    丈の長さをチェックしたり、幅をチェックしたりと、身体を包み込むような特徴を持っているかどうかを測るのは簡単ですが、短すぎたり広すぎたりする服は、女性の身体には必ず試練があります。

    特に秋冬は重ね着が一般的ですし、アイテム数が増えると厚みも出てくるので、スタイルがそれほど良くないアラサー女性にはロングデザインのアイテムが最適です。控えめで落ち着いた雰囲気のある色のロングコートを使うことで、内と外の同色をシンプルに、快適でシンプルなつくりにすることができます。

    色とのコーディネート方式だが、具体的な色合いの選択や暗いや、明るくて各種のスタイルを見せ、起用の色が比較的簡単にすれば、ちょっと地味な、首の着用が覚えて小さなアクセサリーをあしらっており、必ずそれをむき出してこそ精巧感のある雰囲気を作ることができる。

    この中年ママは、グリーンのパンツを着用しています。普通の人にはちょっと難しい色の組み合わせですが、この色のパターンをそのまま取り入れてみてください。バッグの色はコートの色やパンツの色に合わせたほうが沖突しません。

    コートの長さは股ぐらより上、できればお尻の下くらいにすると、より雰囲気のある既視感が生まれ、体型を演出することができます。

    多くの女性は、色選びが地味で、ベーシックカラーの安心感を好む傾向があります。この色は、自分を裏切ったり、時代錯誤に見えたり、色の組み合わせが難しいからといって着心地が悪くなることもありません。グレーのコートであれば、色の組み合わせに制限はありません。

    中年のお母さん達の服装の難題は簡単に解決して、もし秋冬にロングスタイルのコートを試す時、中で直接各種の色のシャツを合わせることができて、特にコートの色はとても単調で、少し簡潔で、シャツの選択は更に多彩な効果を作り出すことができます。

    このお母さんはチェック柄のシャツを愛用していますが、黄色、赤、緑、オレンジなど、見た目には目立ちますが、着るのは難しいので、彩度の低いチェック柄のシャツにしたほうがおしゃれになりやすいでしょう。

    2、フード付きパーカー

    着こなしはマンネリ化せず、服装の選び方を柔軟に変えていくことが前提ですが、コートも使いすぎると面白くないので、別のものに変えていくなどしてもいいでしょう。フード付きパーカーはコートに比べて厚みがありませんが、中に見栄えの良いアイテムを合わせることができ、同じくレイヤード感と保温効果のある着こなしが可能です。

    こちらの女性が選んだのは、短いデザインの黒のフード付きパーカーで、運動感が際立ちます。丈の短いデザインの服は、身長を演出する効果があり、若者らしい着こなしになっている。

    ぽっちゃりした中年のお母さんは、黒のフード付きパーカーに注目して、丈が長すぎず、大きすぎないようにしましょう。パンツに合わせることで、脚への最適化効果を最大化できます。合わせるパンツはゆったりとしていて、ワイドパンツを中心にカーキ色をメインの色系にすることで、脚部に潤いを与えてくれます。

    はっきりとしたスタイルの境目を描きたいなら、ベルトを駆使してパンツの中を走り回る外見も覚えておいて、すっきりとした着こなしができます。

    3、カーキ色のロングコート

    五十代、六十代の女性は、着心地の良さを考える一方で、コーディネートの良さも考えなければなりません。難しい服装では、いくら美しくても女性には受け入れられません。

    長いデザインのトレンチコートは、日常生活の中での露出頻度はきっととても高くて、老いも若いも皆宜宜で、すべてシックな風采をもたらすことができます。丈の長いスタイルは、それを開け放つ、つまり開け放つスタイルを残して、オーラを出しましょう。

    50代、60代のお母さんは、洋服を買いすぎないようにしましょう。洋服をクロゼットに溜め込んでいても、ファッションセンスがアップするわけではありません。

    このカーキ色のロングコートは、非常に多彩なコーディネートパターンを持っています。エレガントな雰囲気のルックを演出したいなら、ワンピースに合わせて、スカートは丈が短すぎず、できるだけコートの裾に合わせるようにしましょう。Read more at: https://www.formaldressau.com/collections/short-formal-dresses | https://www.formaldressau.com/


週間ランキング