会員登録/ログイン

60に近いのにウェーブの長い髪

  • 作品画像
    完結
    2021/11/2 更新
    60に近いのにウェーブの長い髪/  barber
    総閲覧数(489) レビュー数(0) しおり数(0)

    作品紹介

    あるファンの方からコメントをいただいたのですが、私は60歳近くになり、若い頃からずっとウェーブのかかったパーマをしていたのですが、最近、周りの友達から、この年で長い髪は若々しい、短い髪はサラリとしていると言われ、どうしようか迷っています。六十歳で髪を長くしちゃいけないの?

    私も似たような質問をたくさんしていて、以前にも高齢者は髪を短くするのがいいのか、髪を長くするのがいいのかについて書いたことがあるのですが、やはり悩む人がいます。大根にも野菜にも好みがあって、六十歳になったら髪を短くしなければならないなんて誰も決めていない、自分が好きでいいのだから、他人の言い分を気にする必要はない、というのが私の持論です。

    では、高齢者は髪を長くするべきかどうか、高齢者は髪を短くしなければならないのかどうか、3つの側面から興味深い話をしてみたいと思います。

    01

    髪を長くしてもいいかどうかは、雰囲気とボリュームで決まる

    若い頃から長いカールが好きだった女性は、七十歳になっても、髪の量が許せば、手入れが行き届いていて、おしゃれで気品のある着こなしをして、ウェーブのかかったロングヘアを楽しみ続けることができる。

    髪の量が薄くなってきたり、スタイルが崩れてきたり、着こなしがおしゃれでなくなったり、長い髪を伸ばしても上品で大人の雰囲気が出てこないという方は、より自分に似合う爽やかなショートヘアに変えたほうがいいかもしれません。

    髪を伸ばすには、ボリュームがあって髪質がよく手入れされていることが先決です。ショールにしてもハーフアップにしても、結い上げにしてもいい。髪質が悪く、髪量が少ない場合、短い髪が好きでない場合は、長い髪を伸ばしても構いませんが、髪を結うスタイルのほうがより似合っています。

    多くの高齢者が髪を長くするのは、髪を羽織るためではなく、結うためだ。そういう人は、年に一度パーマをかけます。パーマをかけた髪は、結うときのパサつきがよく、結うと年齢が落ちて気品が出るからです。

    自分に気品がないなら、ショートヘアのほうが似合う。長い髪を伸ばすに関わらず、あなたは髪を羽織るか、または髪を結うには、スタイルと気質をサポートする必要があり、このようにして、より魅力があり、そうでなければ、大きな波の万種のスタイルを残すことはできません。

    02

    量が足りないと髪質が悪いから短くする

    髪の量が不足していたり、髪質が軟らかい、パーマがかかって髪質が傷んでいたりすると、きれいに伸びません。一方、ショートカットのパーマは、ボリュームが出るだけでなく、シェイプ効果も高く、髪の持続性も長い。また、ショートカットの頻度が高く、髪質が傷んでいても、2、3回で傷んだ髪を切ることができるので、この場合はショートにしたほうがいいでしょう。

    ショートカットは老けて見えるのではと心配する人がいますが、それは髪型のスタイルを選んでいないからです。伝統的なシニアスタイルのヘアスタイルを選ぶと、必ず老けて見えます。香港風や流行のショートヘアを選ぶと、その効果はまったく違ってきます。

    短い髪はすべての髪型の中でスタイルの最も多い部類で、選択できる範囲も非常に広くて、顔型の頭の型の修飾効果に対して最も力を与えるのです。ショートヘアは誰にでも似合うとは言えますが、特に高齢者であれば、ロングヘアを使いこなせるとは限りません。

    どんなにきれいな髪型でも似合わなくても無駄です。自分の髪質や量、顔の雰囲気に合わせて、似合う髪型を選ぶのが一番確実です。

    03

    高齢者は髪を長くするなぜ、ショートカットを勧める人がいるのでしょうか。

    私は二つの可能性を分析している。一つは、六十歳近くになっている君の髪の量に嫉妬しているのだ。二は審美観念の比較的に伝統的な人で、彼女たちは高齢者が短い髪にパーマをかけるべきだと考えて、長い髪を伸ばすのは若作りです。

    '心の人は皆、ほとんど人の年齢が6向かったにもかかわらず、精神年齢が実はまだ40代に滞在し、もちろん自分の希望も保有できるきれいな外形、きれいな服を着て、留おしゃれのヘアスタイル。老人の髪は短いがいい、この問題に至っては、私は收到讣告之、评判の基準がない。

    あなたさえ好き、自身の許可条件、留何髪型は留たい髪型は、自分の感じがいい。一部の人は長い髪を伸ばしたいと思って、残念なことに髪の量が不足して、雰囲気が足りなくて、長髪の効果は必ずしも美しくありません。ので、一人で留髪型は、年齢とは関係がないとは、主に自分の髪质条件、体格条件が、経済力と西洋の程度を決める。

    自分に合ったヘアスタイルで髪は短い髪もきれいです。似合わない自分の、ヘアスタイルを美しくていてもだめ、同ならではの美感に満たないため、むしろ美ではない。年齢になったら髪型を決めなくてはいけないという人はいませんが、おしゃれな加齢カットができれば、みんなが似合うと思ってくれて、自分もいいと思ってくれるのがベストです。

    私のアドバイスは:あなたが今の大きな波の長いカールの髪を好む限り、他の人の言い方を気にしないで残し続けることです。彼女の髪たいものもなかったその条件は、言いたいことは彼女らは行くよ。美しい波を楽しむことができる条件なら、なぜ他人の好みのためにあきらめるのか。自分の好きな大きい波をして、他の人に言わせて行きます!Read more at: https://www.formaldressau.com/collections/formal-dresses-melbourne | https://www.formaldressau.com/collections/pink-formal-dresses


週間ランキング