会員登録/ログイン

今年の冬は一種の着方に火がついた,暖かくておしゃれでまた齢を落とす

  • 作品画像
    完結
    2021/11/15 更新
    今年の冬は一種の着方に火がついた,暖かくておしゃれでまた齢を落とす/  barber
    総閲覧数(389) レビュー数(0) しおり数(0)

    作品紹介

    ベージュや黒、グレーや白のコートは、暖かくて快適で、何にも使えます。シンプルなものを選んで、何年着ても無駄です。コート選びはできてもコーディネートがうまくいかず、人の波に埋もれてしまう人が多いようですが、そんなときはコートとパーカーの組み合わせを試してみてはいかがでしょうか。

    コートはクラシックで気前がよくて、衛衣はカジュアルで年齢を減らして、この2種類の単品は相互に組み合わせてあなたの流行に対するすべての想像を満足させることができます。今年の冬は1種の着方に火がついて、「長いコートは衛衣を畳む」と言って、暖かくておしゃれでまたとても年齢を減らす!

    一、ロングコート+パーカーの優位性

    どんな着こなしにも理由がありますが、ロングコート+パーカーのようなコーデが秋冬にブームになったのも、着回しが上手で、凹み出し型ならともかく、型破りな着こなしができるからです。

    1、ミックスしてセミフォーマルに

    ロングコートとパーカーは、ファッションの発展に伴って、硬直しすぎたスタイルを好まず、カジュアルでカジュアルなハーフフォーマルなスタイルを好むようになりました。

    パーカーは、セーターやカーディガンのように際立ちがなく、中に入れることで目を逸らしたり、コートの長さとのコントラストでプロポーションを最適化したりするので、小柄な人が見逃すのは残念です。

    2、実用百変人を選ばない

    ロングコートやパーカーは、着る人の年齢やスタイルに制限はありませんが、優しい韓国系でも、颯爽とした雰囲気の欧米系でも、どちらも満足できるアイテムです。

    前者はベージュのコートにグレーのパーカーを組み合わせて、ワイドパンツとオヤジ靴を合わせて、青春の匂いがいっぱいだから、シルエットのパーカーとサメとオヤジ靴なら、おしゃれなギャルに間違いない。

    二、パーカーの選択

    パーカーはコートと並んでワードローブの中にある定番アイテムですが、コートは1着でいいというわけではありません。

    1、定番カラーのパーカー

    よくある古典的な色の衛衣は黒、灰色とベージュがあって、このいくつかの種類の衛衣はカジュアルで実用的で、どのように組み合わせてすべて間違いがなくて、しかしもし背が高くないならば、それではできるだけoversizeの款を避けて、モダンで自由に背に対して要求があります。

    一般的には、ほどよく締まったグレーのパーカーで、街に出やすいしスタイリッシュ。

    2、カラー系パーカー

    パーカーをスタイリングのアクセントにするのであれば、控えめな色ではなく、明るい赤や蛍光イエロー、グリーンのパーカーのほうが視認性があります。

    蛍光色が苦手な場合は、コートは黒かダークグレーにしましょう。

    三、ボトムス選び

    ロングコートやパーカーなどの合わせ方が目立ち、存在感がありますが、ボトムス選びでは派手すぎず、控えめながらもパワーのあるボトムスを選ぶと、アクセントがなくなりません。

    1、サメパンツ

    欧米の街の撮影の中で、衛衣でサメのズボンの穿き方をつなぎ合わせるのは鏡の率が最も高くて、サメのズボンの版型は身を引き締めて、弾力が大きくて、衛衣の組み合わせはカジュアルでまたセクシーです。

    またロングコートは太ももやお尻を隠すこともできるので、スタイルが完璧でなくてもお試しいただけます。

    2、足を束ねるスウェット

    スウェットパンツはパーカーと合わせるのにいちばん苦労しないし、セットにしても派手な格好になる心配もないし、なによりもこの着方は色がなめらかで、小柄な人には特に似合う。

    ここに注意しなければならない細かい点があって、ワイドパンツより、足を束ねたパンツの方がきびきびとしていて、小柄な人はロングコートを恐れて背を抑えてそれを選ぶことができます。

    その4靴選び

    靴のスタイルは全体のスタイルの形成に重要な役割を果たしています。ロングコートでパーカーを組み合わせる場合は、次の2足が理想的です。

    1、おやじ靴

    親父さんの靴はファッション圏の寵児で、カジュアル減齢の中に透けて幾分かっこよくて不自由で、しかも衛衣と属性の同じ単品に属して、相互に組み合わせた后にストリート感を強化します。

    特に白のオヤジ靴は、コーディネートもしやすいしスタイリングの明るさもアップします。

    2、ブーツ

    親父さんの靴はもうファッションに対する追求を満足させない時、それからブーツに交換することができて、短い靴のようで、ひざの下の靴、膝の上の靴はすべてとても悪くありません。

    かっこよさにルーズな着こなしが好きなら、煙突ブーツやチェルシーブーツ、アンクルブーツやロングブーツでフェミニンに。Read more at: https://www.formaldressau.com/collections/white-formal-dresses | https://www.formaldressau.com/collections/black-formal-dresses


週間ランキング