会員登録/ログイン

冬の厚手のコートはどうして着ぶくれしないのか

  • 作品画像
    完結
    2021/11/17 更新
    冬の厚手のコートはどうして着ぶくれしないのか/  barber
    総閲覧数(405) レビュー数(0) しおり数(0)

    作品紹介

    冬の40代、50代の女性に似合うアイテムといえば、厚手のコートが欠かせません。中年の女性は若い人に比べて暖かくて実用的なことを重視し、品位のために温度を犠牲にしないため、暖かくて厚手のロングコートを着る傾向にある。

    一方、厚手のロングコートやダウンコートなどは、より冬の雰囲気や雰囲気を演出してくれます。ただし、これらのアイテムを組み合わせる際には、着膨れしない工夫が必要です。今回は、冬に厚手のコートを着込んで着膨れしない方法を見ていきます。5つのテクニックを参考にして、そのまま着るとおしゃれすぎ!

    一、厚手のコート+煙管ズボン

    スモークパンツとは、ズボンの裾がスモークパイプのように細くて直線的な長ズボンのことで、曲線感を強調しないすっきりとしたシルエットが特徴で、ズボンの裾は細くてもタイツのように肌に密着しないのが特徴です。

    直線的なデザインだとシャープさが強調されますし、冬の厚手のコートを着るときにも、ほとんど苦労せずに着ぶくれやダラダラ感が解消され、洗練感がアップします。

    次に、パイプパンツはシンプルなシルエットですっきりとしているので、普通のパンツスタイルよりも、四十代の女性のフォーマルで洗練された面を表現しやすく、職場や普段着のように上品で落ち着いた知的な着こなしができます。

    パイプパンツの多くはスーツ素材、すなわちパイプパンツを采用します。冬には厚手のコートと同じ色や近くの色を着るようにします。こうすれば上着の下の服の色の組み合わせがとても自然になります。視覚的に背が高く、脚のラインがまっすぐに伸びます。

    ただし、スモークパンツのほうがフォーマルなので、職場では型通りになりたくないので、先の尖った靴やショートブーツ、白い靴などでコーディネートして、より多彩なファッションを演出しましょう。

    二、厚手のコート+スカート

    厚手のコートをスカートに組み合わせるのも、基本的にはボトムスで着回しが変わるのですが、煙管パンツとは違います。

    スモークパンツはシンプルさ、洗練さ、フォーマルさを強調し、スカートはロマンティックで軽やかな着こなしに重点を置いているので、高級志向ではあるが女性らしさに欠けるスタイルを作りたくない40代、50代の女性によく似合う。

    もちろん、厚手のコートを組み合わせたスカートを選ぶのではなく、厚手のコートと色やスタイルを合わせて、できるだけシンプルな雰囲気のスカートを選ぶのが一般的です。

    その3厚手のコートとハイウエストのワイドパンツ

    ハイウエストのワイドパンツは、着ている人のカジュアルさを表現したもので、中年女性らしいのですが、厚手のコートはスキップする人が多いようです。

    ワイドパンツは裾がゆったりしているので、合わせ方を間違えると余計に着ぶくれしてしまいます。これは、日雑中の組み合わせを参考にするといいでしょう。まずはダウン感のあるハイウエストのワイドパンツを選び、ダウン素材で奥行き感を強調。

    また、ワイドパンツの色はなるべく縮んだ色、つまり黒、ダークグレー、ネイビー、ダークブラウンといったダーク系を選ぶと、視覚的にも痩せやすく見えます。

    最后にこの2つを参考にして着るといいでしょう。ちょっとデザイン感のあるインナーや、モスグリーンやキャラメル、オレンジ色のタートルネックのスリムなセーターなど、目をそらすのに十分なインパクトがあります。

    厚手のコートは、ウエストを丸めたりバックルを締めたりするのは避けて、上のように開いて着ると雰囲気が出ますし、ウエストの高いデザインでバランスを調整することもできます。

    その4厚手のコート+細身のインナー

    冬場の厚手コートの着ぶくれを軽減する方法として、インナーが挙げられます。

    まず、厚手のコートはボリューム感があるので、インナーを選ぶときはボリューム感のある厚手のセーターではなく、スリムな薄手のボトムやボトムのセーター、ハーフネックやハイネックがベストです。

    ここで気をつけたいことがありますが、スリムなボトムはなるべくシンプルなもので、室内ではワンツーでもok。

    2つめは、インナーの色からですが、わかりやすい例ですが、厚手のコートの色が、黒やダークグレー、ネイビーなどでは、白のボトムを重ねることで明るさをアップさせることができます。

    もちろん、カーキ+赤、ブラウン+緑、あるいは黒+キャラメルといったぶつかり色の組み合わせもおすすめです。

    その5厚手のコートとショートブーツ

    冬は厚手のコートを着ぶくれ感を出したくないので、40代、50代の女性は靴から手を出します。

    比較的簡単で操作しやすい方式は短い靴を組み合わせることで、短い靴は暖かくて実用的でまた颯爽として、厚手のコート、ダウンジャケットを組み合わせて、両方が全体の服装の膨脹感と肥大感を解消することができます。

    ショートブーツやマーチンブーツ、チェルシーブーツのように、スタイリッシュであたたかさとおしゃれを両立させています。Read more at:https://www.formaldressau.com/collections/purple-formal-dresses | https://www.formaldressau.com/collections/grey-formal-dresses


週間ランキング