会員登録/ログイン

冬のインナーをたくさん買うなら「この4品」を用意する

  • 作品画像
    完結
    2021/11/23 更新
    冬のインナーをたくさん買うなら「この4品」を用意する/  barber
    総閲覧数(387) レビュー数(0) しおり数(0)

    作品紹介

    中年期になると、冬の服はコート選びが大事だと思っていても、インナー選びはおざなりにしてしまう人が多いようです。しかし、おしゃれな人たちは、インナーを使って全体をグレードアップさせています。これが、普通の人とブロガーの違いなのです。

    では、冬はどんなインナーを選べばいいのでしょうか?答えは、タートルネックの薄手のボトム、タートルネックのセーター、カーディガン、アンダーカラーのボトムです。中年女にとって、この冬はインナーをたくさん買うよりも、「この4品」を揃えておくと、暖かくて実用的な上に気品も出てくるので、一緒に見ていきましょう!

    一、タートルネックの薄手タイツ

    冬になると、ウールのコートやダウンコート、ラムコートなど、厚みのあるものが増えてきます。

    加えて、カジュアルで派手なスタイルを好む人が多いので、コートも少しゆったりしたものを選ぶ傾向がありますが、これでは着ぶくれしてしまいますし、小柄だと背が低く見えてしまいます。

    それを解消するカギとなるのがインナー選び。タートルネックの薄手のスリムボトムなどがいいでしょう。

    一方、これらのボトムシャツの多くはカシミアやウール素材を采用しており、肌触りが柔らかく着心地も良く、保温効果では厚手のセーターに負けていません。各種の冬のコートと組み合わせても保温とやせを両立でき、着ぶくれ感を与えません。

    一方、タートルネックは首筋を保護し、従来の襟型よりも上品で知的に見え、軽くなじみのある雰囲気を演出します。

    ここで気をつけたいのは、冬のタートルネックの薄手のボトムシャツは、黒、白、グレー、ベージュ、ベージュ、キャラメルを優先するほか、デザインも無地のものを中心にすること。派手すぎてコートの輝きを奪ったり、スタイリングのアクセントを失ったりしないようにすること。

    同系色はエレガントな女性の多くが好む色で、飴色のコートに淡いカレー色のタートルネックなど、配色の調和が高級感を演出してくれます。

    二、タートルネック

    タートルネックセーターは暖かくて快適で優しさを失わないで、そしてタートルネックセーターもいくつかの低い襟のコートが暖かくない欠点を補うことができます。

    ただし、タートルネックのセーターは重厚なものが多いので、中年女の方には、細身ではなく、襟元を細く見せるゆとりのあるポロネックのセーターをお勧めします。

    また、こちらのセーターは比較的スタイリッシュなので、同系色のワイドパンツの場合は、丈の短いダウンジャケットを羽織ることで着ぶくれを解消することができます。

    その3カットソーのカーディガン

    冬のインナーというと、定番のカーディガンやセーター、シャツを思い浮かべる人が多いと思いますが、実はショートカーディガンも理想的。

    いつものインナーより、カットカーディガンにコートやウールスーツを組み合わせると、全体的に優しく知的なスタイリングになり、上品でふんわりとした雰囲気になります。

    そして、この着回しは職場でも日常でも、定番のコートを組み合わせても、普通の人との差をつけることができます。

    とくにvネックデザインのカットソーやパッチワークを重ねたパッチワーク風のカットソーは、中年女性の首筋のラインをvネックデザインで細く美しく見せることができます。

    小香風ニットの短いカーディガンは自分で精致感を持って、組み合わせのコートは楽に幾分優雅な女の味が多くなって、とても貴顕。

    ニットの短いカーディガンは組み合わせ方の上で比較的に多くて、コートの優雅で知的な組み合わせのようで、ウインドブレーカー、パーカーのダウンジャケットあるいは革のコートを組み合わせて、颯爽として優しさを失わない。

    Tips:中年の女性のために、冬用のニットの短いカーディガンの組み合わせのコートの時、提案は黒、白または各種の大地の色の系統のスタイルを選んで、相対的により実用的で大気。

    その4アンダーカラーのシャツ

    ボトムシャツは、タートルネックやセーターよりもシンプルで、重すぎる冬のコートにも似合います。

    たとえば、冬場にノーカラーのコートや厚手のダウンジャケットを着るとき、タートルネックを重ねるような格好では着ぶくれ感が出てしまいがちですが、ローカラーのボトムシャツにして、スワンネックを演出しましょう。

    無地系のvネックセーターや、丸首のボトム、ボートネックのボトムなどは、首元が透けていて、女っぽさがあふれています。

    ただし、ちょっと気をつけたいことがあります。アンダーカラーのボトムは鎖骨がのぞくので、モノトーンが気になる場合は、vネックのネックレスやスカーフ、マフラーなどを組み合わせて、レイヤーを増やしましょう。Read more at: https://www.formaldressau.com/collections/green-formal-dresses | https://www.formaldressau.com/collections/blue-formal-dresses


週間ランキング