会員登録/ログイン

40女は身なりに気をつけろ

  • 作品画像
    完結
    2021/11/26 更新
    40女は身なりに気をつけろ/  barber
    総閲覧数(168) レビュー数(0) しおり数(0)

    作品紹介

    冬の服はさらに種類が豊富になりますが、コートはアウターとして、セーターや薄いタイツはインナーとして、それぞれ役割や机能が異なります。40代以上の女性なら、洋服はあまり買わなくてもいいのですが、もちもちしていて、あたたかくて気品のあるセーターが必要です。

    01

    セーターの襟選び

    似たような印象を与えるのは、素材が共通していたり、着心地が似ていたりすることが多いのですが、形やディテールを見ていくと、いくつかの違いがあることがわかります。たとえば、セーターの襟元作りなど、いろいろな形ができます。

    定番なのは小さめの丸首ですが、このセーターがいい例です。鎖骨の位置をカバーしてくれるアイテムで、色使いが難しくなく、やさしさを出すことができるカラーです。

    丸みがあったり、ボリュームがあったりして、首のラインが長く感じられないという女性は、セーターの襟元にVネックを入れることで、ラインの長さを引き立たせることができます。

    このVネックセーターは、襟元を大きくしたデザインではなく、襟元を細くしたデザインになっているので、初冬の暑さには十分に対応できます。加えて、このアイテムは厚手の素材なので、さまざまなアウターに合わせてデイリーに合わせやすい。

    狭い丸襟やVネックのセーターは、温度が下がるにつれて熱さが低下していきますが、それはタートルネックのセーターに目がいってしまうのがトレンドです。

    タートルネックが首の肌を包み込むので、マフラーやスカーフを合わせなくても自然に温もりをキープできます。また、襟の位置や配置が窮屈にならず、さまざまなコートに合わせることができ、すっきりとした視認性とグラデーションがあります。

    02

    セーターの色使い

    暑い夏以外にも、春、秋、冬の3つの季節にもセーターは存在するので、コストパフォーマンスの高いセーターになっています。モノ選びは、それを軽んじすぎず、自分に合った色使いをすることで、その人の雰囲気をアップさせることが大切です。

    定番のセーターは、もちろん黒ですが、用意しておきましょう。女性のスタイルをもっとも派手にしやすいタイプで、サイズは大きくなくても、この色にはやせ効果があるので、少し細身にするといいでしょう。

    といっても、黒のセーターを着るというのは、あまりモダンなスタイルではない。色が一般化したり、大衆化したり、単調になったりすると、着こなしに特徴がないと思われたり、個人的なセンスや躍動性が欠けていると思われてしまうからです。セーターの色使いは、常に切り替えが可能です。

    たとえば黒が多い女性は、彩度の低いピンクのセーターを着るとイメージが一変します。色使いも低明度を備えているので、着心地も甘さがあり、加齢効果もあります。

    各種の純粋な色のセーターを除いて、クローゼットの中で大きな割合を占めることができて、時々1種のプリントのデザインのセーターを交えることができて、ただプリントの尺度は必ず掌握してよくて、色の加入は多くて雑ではなくて、少量で、基礎の色のパッチワークを中心にします。

    このプリントセーター、それは白と黒とグレーの3色を応用して主に色彩を支える単品で、セーターの外形の生き生きとした感を体現することができて、どんな花の枝が広がることを作り出すことができない即視感あるいは派手な感。

    03

    セーターに各種のボトムスを合わせる

    一枚のセーターでは、まだ完璧なコーディネートはできません。ボトムスのコーディネートは欠かせませんが、ボトムスのスタイルによってスタイリングにさまざまな効果を加えることができます。

    例えば、このセーターはフォーマル感のあるパンツスーツを組み合わせています。このパンツ型は自然と女性の脚に高い要求を出すことができません。効果的に体の肥大感を最大限に減らすことができます。箇人の体型もすらりとして見えます。合わせるセーターは丈が長くなくても、股ぐらの位置までカバーできる。

    40代以上の女性にとって、服は上質感が求められます。少ないモノで日々の着こなしをつくることは、ムダを省くだけでなく、本来の価値を発揮させることにもつながります。セーターは襟のデザインを変えたり、色を変えたり、コーディネートにも気を配りましょう。

    たとえばパンツスタイルが多い女性でも、たまにはスカートを履いてみると、新しいイメージが生まれるかもしれません。こちらのタートルネックは、デニムのハーフスカートに合わせています。このスカートは拘束性が少し強いので、体の形に合わせてサイズを決める必要があります。Read more at: https://www.formaldressau.com/collections/formal-dresses-melbourne | https://www.formaldressau.com/collections/formal-dresses-sydney


週間ランキング