会員登録/ログイン

パーマをかけた后に気に入らなかったらまたかけてもいいですか?

  • 作品画像
    完結
    2022/2/23 更新
    パーマをかけた后に気に入らなかったらまたかけてもいいですか?/  barber
    総閲覧数(534) レビュー数(0) しおり数(0)

    作品紹介

    パーマをかけた髪が気に入らないので、またかけ直してもいいですか?理論的には、パーマは髪質に影響を与えますが、完全にダメになることはありません。髪質が完全に質感や弾力を失わなければ、すぐにパーマをかけることができます。

    パーマがかかっていたり、髪質がひどく傷んでいたり、シャンプー後に髪を引っ張っただけで切れてしまったり、トウモロコシのひげのようになってしまったりしたら、それはもうダメです。そんな場合は、パーマをかけることはできません。この3つを見て、詳しく説明しましょう。

    1、パーマをかけ終わったばかりの髪が満足していないので、次にパーマをかけることができますが、操作の方法を調整して、パーマをかけた后の髪質が損傷した状態に属して、必ず損傷した髪質のパーマ方式を采用しなければなりません。

    2、髪の損傷が深刻な場合は、乾燥した焦げ黄色湿った髪の綿、長いことができます数倍またはオフにプル、パーマを継続することはできません;

    3、冷たいパーマをかけたことがある髪は再びパーマをかけて、提案は熱いパーマの方式を選んで、効果は更にコントロールしやすいです。

    パーマのやり直しを求められた理由がわからなかったので、経験に基づいて三つにまとめた。以下はみんなのために深く分析して、見終わってあなたはどんな髪質がパーマをかけることができて、どんな髪質がパーマをかけることができないことを知っています。

    知識をひろげる

    パーマをかけたばかりの髪にパーマのかけ直しを求める場合、美容業界ではこれを手戻りと呼ぶ。パーマをかけた髪が気に入らないということです。理論的には、いつでもパーマをかけ直すことができます。

    ただし、原因を分析するには、パーマが小さすぎるだけの場合は、パーマをかけ直す必要はありません。ただポーションを使ってパーマを少し大きくするだけで、パーマをかけ直すことによる髪質のダメージを軽減することができます。

    大きく巻きすぎてしまった場合は、パーマをかけ直すしかありませんが、次の3点に注意してパーマをかけましょう。

    パーマをかけ直しましょう

    パーマをかけすぎてボリュームが出ない場合は、髪質に大きなダメージがない場合は、パーマをかけ直してください。しかし、2回目のパーマをかける時は、ダメージを受けた髪質の薬を選ぶか、ダメージを受けた髪質の操作方法でパーマをかける方が、パーマによる髪質のダメージを減らすことができます。なぜなら、一度パーマをかけた髪は、必ずダメージを受けますし、通常の髪質のままでは、二次ダメージにつながる可能性があるからです。

    毛の巻き加減が均一でない場合は、根元の位置に合わせてパーマをかけ直したり、花型に変えてパーマをかけ直したりします。

    全体的な効果が自分の思う髪型とかけ離れていたり、カール直しで形を変えることができないときは、髪質の条件がよければ、パーマをかけ直しましょう。

    パーマをかけ直してはいけません

    特に髪のダメージがひどい場合、濡れた状態でカールしていても弾力がない場合や、乾いた状態でカールしていない場合は、パーマをかけない方が良いでしょう。パーマの効果によって髪質のダメージが大きくなる可能性があります。

    髪が濡れた状態で引っ張ると切れるか、数倍長く伸びてトウモロコシのひげのような状態になる場合。髪の中の蛋白質の流失がひどくて、表皮の層の毛のうろこがひどく剝がれて、つまり髪質が完全に壊死したことを説明します。この場合、これ以上骨が折れることはありません。

    乾いた状態では、髪がこわばっていたり、ツヤ感に欠けていたり、手で引っぱっただけで切れたり、毛先を手でこすってこすり落としたりすることができます。これは、髪が高温で傷み、炭化している証拠です。この髪質なら、パーマはかけないほうがいい。

    コールドパーマした髪質は、ホットパーマで温め直したほうがいい

    コールドパーマをかけた髪質をパーマし直すと、ダメージがさらに大きくなります。冷たいパーマはバーを巻いてから薬液をかけるので、目測では髪の軟らかい具合がわからず、髪に二次ダメージを与えやすいからです。

    パーマは柔らかくしてから巻き、髪質に合わせて温度を調節します。軟化のプロセスは制御可能で、髪の変化に応じて、一連の専門的な手法で軟化の度合いを制御し、髪へのダメージを最大化します。また、熱々のほうが、冷やすよりも質感がよく、弾力があり、手入れもしやすい。

    パーマをかけたあとに気になることがあれば、そのままアイロンをかけ直してもいいという私なりの解説です。パーマをかけ直すのは、最初のパーマより難易度が高く、髪を保護しつつ、質のよいパーマをかけなければならないため、美容師としての経験と制品の扱いが非常に問われる。

    パーマをかけ直す際には、肌に優しい薬を選びましょう。できれば熟練した美容師がパーマをかけ直すことで、ダメージを最小限に抑えながら、必要なパーマ効果を出すことができます。Read more at:
    https://www.formaldressau.com/collections/formal-dresses-sydney | https://www.formaldressau.com/collections/formal-dresses


週間ランキング