会員登録/ログイン

40歳で乾物を着こなす

  • 作品画像
    完結
    2022/5/24 更新
    40歳で乾物を着こなす/  barber
    総閲覧数(714) レビュー数(0) しおり数(0)

    作品紹介

    40代以降の女性にとって、服は多ければいいというものではなく、慎重に選んでコーディネートしなければならないため、服が多ければ多いほど悩むことになり、ベストな服を見つけることができず、時間の無駄になってしまいます。40代になってから着る服は、量だけでなく質も問わなければ、クロゼットの中で埃を落とすしかありません。

    この年齢の女性に必ずわかるし、全て自分に合う新しいオシャレなデザインで、タンスの中にはやはり多い基盤のデザインと実用タイプのアイテムは、これらのアイテムの長所は、構造は简単、コーディネートの経典がまた情报、また少し変わったファッションがもっと、が個人を浮き出さ优雅な良い雰囲気に。

    女の人は40歳を過ぎて服を着て、このいくつかの技をマスターして乾物を着て、優雅で高級な顕気質!

    01

    ベースカラー、ベースカラーを多く着る

    ベースカラーとベースモデルにはメリットがありますが、特に40代以降の女性にとってはコーディネートしやすいので、アクセントをつけるにはベースカラーを少し変えたり、色の組み合わせを変えたりするといいでしょう。

    日常生活で最もシンプルな色は白黒ですが、白黒の組み合わせは、2色を使い分けたり、配色をミックスしたりするのにもテクニックがあります。

    例:黒一色

    黒一色春から夏にかけては、コーディネートの頻度が低いと思って見たことがない色ですが、多くの日本のスタイルでは、黒一色、または白と黒の間の配色がいろいろあります。

    最も簡単なのは袖のスタイルの上着がなくて、高い腰の版型の広脚のズボンを合わせて、完璧な解釈は日本のスタイルのシンプルで上品です。黒一色の時、中央のベルトは極めて特色があって、異なった生地を采用して、実は上下の2つの単品も異なった生地はいっそう完璧な造形を解釈します。

    白黒の配色は、上半身や下半身のデザインを変えることで、ベースに特徴を出すことができます。最も典型的なのは白いシャツで、シフォンの生地は、滑らかで清潔です。

    このようなシンプルなシャツと黒のズボンの服装は一定の修飾性があって、シャツは非常にファッションの魅力を見せやすいです、小さいリボンのデザインがあって、更にフランス風の風情を持つ感じを持ちます。

    02

    定番をたくさん着る、定番コーデ

    日常生活の中で、古典的なファッションの要素はずっと応用されて、たとえファッションの潮流は絶えず変えて、しかしこのような要素はずっと流行して、例えばストライプ。

    ストライプのアイテムでよく着るのは、Tシャツとシャツの2種類です。どちらも定番なので、クラシックなコーディネートもしやすいですが、シンプルなスタイルが多い中で、40代の女性はストライプのアイテムを上手に使いこなすことができます。

    例:ストライプのシャツ+パンツスーツ

    縦縞の方が世界的に見ても痩せやすいです。広い面積の白はすっきりとしていて清潔です。また、縞のデザインは体のラインにストレッチ効果があります。また、カット部分につながりがあるので、痩せやすいです。

    大人の年齢になった女性は、下半身にパンツを合わせるときにアース系を好むようになり、色同士のコントラストや濃淡のコントラストが生まれることで、より自分のイメージを美しくすることができます。

    03

    カラー系は控えめにコーディネートできる

    ベーシックなベーシックカラーや定番のものはいいのですが、クロゼットの中でワンパターンになってしまうと、なんだか退屈な感じがして、いつも同じ服、同じスタイルを着ているような錯覚になってしまいます。

    40歳を過ぎてからの女性は、色についてもいろいろ試してみてください。カラー系をいかにうまく組み合わせるかは、控えめなのはもちろん、彩度の低いものを選ぶと間違いがありません。

    40歳の女性は日本のスタイルの中のシンプルさに適して、多くの日本のスタイルの中で非常によくある、色の方面の運用。色を上手に使えるということは、その人の服やファッションに対する感度が高いということなので、40代以降の女性はモランディ系や彩度の低い色を選ぶといいでしょう。

    例:ピンクのノースリーブ×ピンクのパンツ

    最もシンプルなカラー系のコーディネートは同系色ですが、上下を使い分けてグラデーションを豊かにすることで、高級感とオシャレ感を両立させることができます。

    上半身は薄いピンクがかったノースリーブ、下半身は柔らかいピンクのパンツを選びました。どちらのピンクも蛍光色ではないので、見た目にも目に馴染んでいます。このスモッグピンクのアイテムを使いこなすと、高級感があり、加齢効果もあります。

    また、この紫色の肩の上の服を利用することができて、これは全体の形の長所と短所を融合して、体型の形成の一種の透かし状態、位置がちょうどよくて、いかなる肉の体現がなくて、体つきに対する包容度も比較的高いです。

    組み合わせたのは高い腰のスタイルのスカートで、高く見えるのはまたやせて見えて、また非常にある気品があって、特に高い腰の版の型のスカート、非常に箇人の特徴があって、紫色とミリタリーグリーンの衝突、色の上で属して大地の色系の上で配合のとても良い1種。

    カラーコーディネートのヒント:

    40歳を過ぎてからの女性には、大胆かつ控えめな選択が求められます。選ぶ過程で、明るさは持ってもいいですが、蛍光系ではなく、色同士の融合を覚えて、同系色はシンプルにぶつけたほうがおしゃれ感があります。

    色に弱い女性にはおすすめできませんが、カラー系とニュートラル系を組み合わせたり、アース系で色をぶつけてみるのもいいでしょう。Read more at: https://www.formaldressau.com/collections/red-formal-dresses | https://www.formaldressau.com/collections/formal-dresses-adelaide


週間ランキング