会員登録/ログイン

a seeker under the manhole

あらすじ

2009年3月。 17歳の秋山律は最後の剣道高校選抜大会に向けての練習の帰り、地下鉄事故に巻き込まれる。 ――次に目を覚ました場所は、陽の光の当たる事のない未来の地下都市だった。 そこは地表の大半を砂漠化した世界。特権階級を地上のドームに囲い、多くの貧民たちは七層に及ぶ巨大な地下都市で暮らしていた。 スラムと化した地底で律は何ものかに狙われ、地下に巣食うマンホールキッズと呼ばれる少年たちの抗争に巻き込まれてゆく。


週間ランキング