会員登録/ログイン

ポエム16

無題

絶望の底で
見えるものは光だ
例え真っ暗な絶望でも
どんなに小さな
輝きだろうと
光は必ずそこにある
ただあの人は
その光を
求めるのではなく
恨んでしまっただけ
あの人にはそれが
眩しすぎたのかもしれない
目が眩んで
何も見えなくて
恐れが恨みに変わって
しまったのかもしれない
ただ今願うのは
暗闇にいても
どうか心は
安らかでありますように

/10ページ 

週間ランキング