会員登録/ログイン

暇人の集い

僕は男です!

初めまして、春日と申します。今僕は逃走しています。
えっ?何故かって?其の原因は後ろに居る変態の所為ですよ。


「春日ぁ!いい加減婚姻届けに判を押せぇ!」

「嫌ですー!そっちこそいい加減諦めて下さいいい!!」


因みに後ろから追いかけてくるのは一鉄と云って僕が男だって知っての承知でつきまとう只の変態です!


「貴様ぁぁぁぁぁ!春日さんに何しとんだぁぁぁ!」

「秋水?!な、何故此処に?!」

「春日さんの助けを呼ぶ心の声が聞こえたんだ!一鉄!!今日と云う今日はもう許さん!斬る!」


心の声って…?あっ!一鉄さんが逃げた!また捕まらなかった…。


「ちっ!春日さん大丈夫ですか?あの馬鹿が済みませんでした!」

「いいよ。秋水君助けてくれて嬉しいよ。有難う。」

「あの…その…春日さんが無事で何よりです…じゃあ自分は此れで…。」

「またねー!秋水君!」


僕は秋水君に手を振りながら何故彼の顔は赤かったのだろう?と疑問に思ったけど…きっと興奮状態だったからだね。

/5ページ 

週間ランキング