会員登録/ログイン

嫌いな自分

幼なじみ~崩したくない彼女の笑顔

「今日ね、ナオキ君と話したんだ~」
俺の目の前で好きな男の話しをする幼なじみのアズミ。俺はずっと彼女にほのかな恋心を抱いている。でも「そっか、良かったな」こう言って一緒に喜ばないと、きっと彼女は不安になる。
だから嬉しくも無いのに一緒に喜んで、彼女の前だけでは良き理解者でいなければいけない。

この気持ちを伝えても、彼女を苦しめるだけだから。

その喜んでいる彼女の顔が見られるのなら、俺は今の関係でも十分だと思ってしまう。

/11ページ 

週間ランキング