会員登録/ログイン

彼の物語

あとがき

こんな駄作を 最後まで読み通した方   お礼の前に、尊敬します。 いや、マジで。   詳細設定をまるで決めていない挙げ句、文才もない。 さぞ、読みにくかった事と思います。   設定については、細々決めるのが面倒だったというのも有りますが、読んでる人それぞれが、色んな「僕」や「彼」を想像してくれたらいいなと思って敢えて、詳細設定は何も決めずに書きました。   だから、このお話には登場人物の名前も出てきません。それはまた次のお話で…   次作では彼を幸せにしてやろうと思います。これは結果、悲恋となってますが、私はハピエン主義なのでこのままでは終わらせませんw   ちなみに…これはモバで完結したものの転載となっています。 ページ等ズレがありましたら、ご一報ください。   ここまで、読んで頂き誠にありがとうございました。 最後の最後まで乱文である事をここにお詫び致します。


週間ランキング