会員登録/ログイン

ウサギトカメ

ウサギとカメは、天国で話していた。



「ウサギさん、ウサギさんの人生は、楽しいものでしたか?」


ウサギは悠々と答えた。

「楽しかったさ。人生は最高だね」


カメは少し悲しい気持ちになった。


かつて、ウサギとカメの競走をしたとき、カメはウサギに持久力で勝ったことがある。

ウサギが居眠りをしている間に、カメはゴールが出来たのだ。


「ウサギさん、僕は、あなたに試合で勝ったけれど、いつまで経っても勝った気がしません。ゴールの瞬間は、そりゃあ嬉しかったですけど、ウサギさんさえ眠らなければ、僕は負けていました」



「そうだろうよ。」

ウサギは偉そうに言った。


「じつは僕、人生が楽しいだなんて、思ったことがありませんでした。苦労、忍耐、努力ばかり。頑張っている自分は好きでしたが、何のために僕は頑張っていたのか…」



「俺は、楽しい人生だったぜ。遊んだし、女にもモテたんだ。」


いいなあ…、カメは思った。






/4ページ 

週間ランキング