会員登録/ログイン

明日から始める新生活 ロボット編

あの時

はぁ、この暑さなんとかならんかね。
登校途中の暑さに耐えながら歩く。
まぁ本当は下校途中だけどね
そー言えば登校途中ってラップっぽいな。
そんな事を徒然なるままに…
徒然のつをてにかえたらなんになるでしょーか? なんてね
そうこうしている内に通称「百段坂」と呼ばれる階段に差し掛かった、と言ってもさっき命名したばっかだし、もちろん呼んでるのも自分だけだし
そこまで妄想して、目指す2階まで後1段までいって、
足が滑った、やばいと思う前に衝撃が来て、
何回かの衝撃の後、
慣れ親しんだ感覚とともに、視界が閉ざされた。

/9ページ 

週間ランキング