会員登録/ログイン

光 ─R-18─

あらすじ

まるで暗闇にいるような絶望感の中で生きている。 そしてそれをどこか諦めてしまっている自分がいる。 ただ唯一の光は彼───。 けれど、届かない。 触れない。 求めない。 この華やかな世界で生きることを決めたのは、自分──。 例えどんなに苦しい道のりでも、光があるから。


週間ランキング