会員登録/ログイン

君に捧げる異国の歌

あらすじ

猫を助けようとしたら、異世界にタイムスリップ。 王様を下敷きにしたり、兵士に武器むけられたり。 人がイタチや猫に変化したりして、奇妙な世界に落ちたと思っていれば、意外と地球と、変わりない文明があるらしい。 下敷きにしてしまった王様に言われたことは、もしかしたら来るかもしれない、悪魔を退治してくれ。 断っても良いと言われたけれども、あんなにお世話になって、無礼を働いてしまっているし、協力しようと考えてみたのはいいものの。 自分に悪魔を退治する力はないし、頭もない。 たとえ悪魔退治できなくても、家に戻せるように頑張ると言われたものの、名前を変化して、王様の婚約者になれという。 確かに悪魔を退治できるなら命狙われるかもしれないけど。 婚約者って、王様。貴方は何をお考えですか? しかも、自らの命を差し出せるほどの御覚悟があるって。 お城の人たちを家族と言うだけあって、皆、王様も含めて優しいけれども・・・・。 なんか、それぞれ事情ありで、王様のこと大事にしているみたいだし。 俺は無事に家に帰れるんだろうか・・・・。 王様。俺、早く家に帰りたいです。


週間ランキング