会員登録/ログイン

カミツギ-神継-

大地の章・第3部






 暗闇、

 大地の息吹も、
 人々の生きる気力さえも奪う。

 それらを吸収し、闇はどこまでも濃くなる。

 囚われれば、出ることは容易くない。

 一人の人間もまた…。



「……っう……」

 喉の奥でくぐもった声音を呑み込み、頭を垂れた人間は闇の中にいた。

 人間は機械に座らされ、両腕を抑えつけられていて動くことができない。

 もう何度…
 この闇の中で気を失っただろう。

 痛みと闇が襲うだけの空間に、すでに生きる希望は見えずにいた。

「どうした?疲れたのか?」

/86ページ 

週間ランキング