会員登録/ログイン

ぬくもり。

 


今日は雨…

この季節は天気ひとつで気温が変わる。

「さむぅ…」

まだ、衣替え前の制服で学校指定のカーディガンを着てきたけど…なんか寒い…

「風邪でも引いたのか?和葉」

机にうな垂れる俺に心配そうな声がかけられる。

「うんにゃ…それはねぇと思う…」

ムクッと起き上がり声をかけた蒼依を見る。

「なら良いけど…あっ、これでも着とくか?」

そう言うと鞄からカーディガンを取り出し俺に渡す。

「おぅ…ありがとう…」

受け取ったカーディガンを着ると袖は指先までスッポリ隠れて、着丈も長くて温かい…まるで蒼依に抱きしめられてるみたいだ…

「あぁ…温けぇ……蒼依の匂いがする(ニコッ)」

「風邪…引くなよ…///」

袖口の匂いを嗅ぐ俺を見た蒼依が、なんだか照れくさそうに言った。 



/1ページ 

週間ランキング