会員登録/ログイン

一度だけの通学路

1

3年間通った中学の卒業式まであと2日という日。
卒業式で歌う歌の練習以外やることのなかったここ数日。
クラス全員の進路も決まり、受験シーズンのピリピリとした耐えがたい雰囲気も自然と消えた。
以前の居心地の良い教室に戻ったものの、そこには微かな寂しさがあった。
いや、僕の感覚としては「寂しい」というのは間違いで、「苦しい」と言うのが正しいのかもしれない。
それがこれからの高校生活に対する不安からくるものだとわかっていた。
まだ見えない「高校生活」がどうしようもなく不安で怖いのだ。
気が付くと、友達との会話は新しい高校生活のことばかりだった。
甲子園を目指す。
彼女を作りたい。
アルバイトをしたい。
僕が抱いている不安を、クラスのみんなも持っているのだと思った。
希望を語ることで、不安を忘れようとしているのではないかと。
結局の所今の僕等は大人の語る素晴らしい未来さえ、不安を隠すためにしか使い道がなかったのだった。
少なくてもこのときの僕は、そうして心のバランスを取っていたんじゃないかと思う。

/4ページ 

週間ランキング