会員登録/ログイン

咲良の祠(三題噺)

咲良の祠(さくらのほこら)

轟々と燃え盛る炎が夜空を赤く照らし出し、城全体を今にも呑み込もうとしていた。

谷あいの盆地の小高い丘の上に建つ小さな城はもはや落城寸前であった。

「もはや、これまでのようじゃな」

本丸の天守から眼下を見下ろし、美しい少女が静かに呟く。

二の丸はすでに陥ち、この本丸ももはや時間の問題。

城内にたなびく旗印はすべて敵のもの。

「咲良(さくら)姫様。この城では保たぬと解っていながら、なにゆえお逃げくださらなかったのか!」

すでに満身創痍で傍らに控えていた若い侍が悔し涙を流す。

敵の来襲を本城に知らせる早馬に乗れば十分逃げられたはずなのに、この姫はあえてこの出城に留まったのだ。

「城下の村人たちが父上の在る本城に逃げるための時間を稼ぐのは、彼らの年貢で養われてきたわらわの務めじゃ。民あっての国、とは父上の口癖じゃったの。それに、これほどの大軍。父上が迎え撃つ準備を整えるための時間も稼がねばの」

事実、この姫の采配の下、この城に詰めていたわずか二百の兵で万を越す大軍をこの地に三日間足止めしたのだ。

しかし、もはや矢も尽き、生き残った者もこの本丸に立て篭もる数十名に過ぎぬ。

「皆の者、よくぞ戦ってくれた! 民を、国を守らんとする汝らの鋼のごとき強き意志が一日保たぬと言われていたこの城を三日も保たせたのじゃ! 悔いなどない! かくなる上は、見事に死に花を咲かせてみせようぞ」

白装束を纏い、薙刀を手にした姫の呼びかけに、その場にいた全員がときの声を上げて立ち上がった。



その日、火の粉が雨のように降り注ぐ中、姫以下二百名ことごとく討ち死にしたと伝えられる。



時は流れ、今や城のあった丘には桜が咲乱れ、この地を守って散った勇敢な姫を祀る小さな祠が桜吹雪の中に密かに佇み、この地を見守り続けている。


  Fin.

桜城址

/1ページ 

週間ランキング