会員登録/ログイン

こちら何でも屋。

「汝、楽しそうねえ」

優雅に紅茶を啜る女

「…どこが?」

少女はソファで居眠り

「目茶苦茶暇なんだけど」

「あら、そう?」

「退屈って、ある意味でとても素晴らしいことだと思うのだけど…」

「…どこらへんが素晴らしいのか説明プリーズ、マダム」

欠伸を一つ

「つーか仕事くれないとアタシセーカツ出来ないんだけど?」

「仕方ないでしょう、依頼者がいないんだもの?」

「いないんだもの?じゃねえよそれをなんとかすんのがアンタの仕事でしょうがぁ!」

バン、とソファから立ち上がり、またボトンと倒れる。

「………暇だ」

アタシ、生まれてはじめて退屈に殺されそうです。

/11ページ 

週間ランキング