会員登録/ログイン

死と此岸/幻想受胎

あらすじ

 輪廻転生と永劫回帰。  昭和後期。宿命に縛られる二人の少女と凡庸な青年。  終末の兆しが静かに満ちて行く中で彼女らは生きていた。  意味が分からない部分は読み飛ばしてくれて問題ないです。  付き合いとかで適当に読む程度なら最終章だけ読めばなんとなく分かるかもしれません。  何がって、  結末が。  最後読んで終わりの分からない小説があるのかどうかは、  別として。 表紙と挿絵はアヤキさん。


週間ランキング