会員登録/ログイン

窓の空

レビュー一覧

/1ページ 
  • 2009-06-25 10:59:13
    おすすめ度:★★★★★

    少女は、少女であるが故に美しい。だからこそ、僅かな狭間に立つ少女の瞬間の美しさをキャンパスに閉じ込めたいと教師は願うのだろうか。…二人の間にあるのは、恋なのだろうか。

    まだ見ぬ傷を負った二人がそれを舐めあうのはひどく容易い。それが故に傷を一層深めてしまうだろうけれども。…それすら舐犢の愛と呼ぶのだろうか。

    できるのなら、壮大な青に負けない空の下、窓の下。…穏やかにやさしく手をつないでほしいと願う。もう、出逢ってしまったのだから。

    少女の刹那の美しさと不安定さ、強さと弱さ。教師の惑い、大人の強さと弱さ。心情描写が素晴らしく、ぐっと引き込まれた。


週間ランキング