会員登録/ログイン

NOne LOcal KEystone

NOne LOcal KEystone #01

携帯がぴかぴか光るので見てみたら、
着信が8件入っていた。
それもワンギリで。

(…ワンギリって、着メロ鳴らないんだっけ、)

着信は全部君からで。
何かあったのかもしれないと折り返す。
一応。

案のじょう、くすくす笑いながら繋がった。

「なにか、あった?」
「ううん、なにも」

じゃあ、あの着信は何だったのだろう。

「電話が欲しかったの。着信残したら、かかってくるかと思って」

いつも自分からかけるのが気に入らない、と言外に含む。
それでも、着信は一回でいいのに。

「どうせなら履歴いっぱいにしてやろうと思ったんだけど、途中で飽きちゃった」

僕は携帯をぱたんと閉じる。
間を置いてかかってた君専用の着メロを聴きながら、
君の発信履歴が僕だけになればいいのに、と思った。

/10ページ 

週間ランキング