会員登録/ログイン

elevater_girl

.

scene #1 cut#1

野の花の 如き清しき君なりき 
  愛しくて 我 ただ頬を赤らめる....

エレベータ・モニターのアルバイトをしながら、僕は
どういう訳か、偶然みかけた彼女に、恋してしまったようだった。

それで、メモ用紙にこんな走り書き。

隣で見ていたバイト仲間のSは、「なんか可愛いな、この子」
なんて言いながら...

やっぱりメモ用紙に5線をさっ、と引き、歌詞を連ねている。

生まれたての 朝
  若葉萌ゆりて 零れるように...

コード・ネームは Fm7-Em7-Dm7-Cm7と

バグルスの「ラジオスターの悲劇」みたいなシンプルなコード。
http://mixi.jp/view_item.pl?id=70727

メロディがすらすらと書き加えられて。

ちょっと見、コクトー・ツインズのように見える。
http://mixi.jp/view_item.pl?id=116606

「それ、いいんじゃない?」と僕。

Sはにっこりと笑い「うん、Icebrink Luckみたいな弦を入れるかな」
なんて....

僕らは、この街を見下ろす大学の3回生。

僕は文学部、Sは理工学部だが、僕等は軽音楽サークルの仲間。
時々、駅前で路上演奏をしている。


僕等と彼女のきっかけは、こんなかんじだった....。




scene#2, cut#1。



----***---

駅前。割と大きなこの街、国道が隣接している。大きな〒局、デパート、バス・ターミナル...。
僕等の丘の上キャンパスへ行く、海老茶と白の私鉄バスもここから出ていく。

今日は、日曜日。学校は休みなので、僕は、軽音楽サークルの仲間、Sとこのあたりで路上ライブをするつもりで、ここに来た。

いつものことだが、Sは時間通りに来たためしが無い。

今日も、10時、の約束なのだが..すでに11時。

...遅いな...。

僕は、軽音楽サークルの友人から500円で買ったピアニカを抱えて
Sが来るのを待っている。

駅前の人波は意外と少ないこの場所、殆どの人は地下道を通って国道の向かい側のデパートのある方へ向かってしまうから、ここはパフォーマンスに最適。

でも、肝心のSが来ない事には...。

/149ページ 

週間ランキング