会員登録/ログイン

Alone……

独りぼっちだ。

僕はいつも泣いていた
僕はいつも独りだった
その僕を救ってくれたのは
君だけだったんだよ

僕は過去に捕らわれて
心を闇に閉ざしていた

その心に君は光をくれた

沢山のコトバより
只一度のキスを

僕は君がいればいい
他の人なんてどうでもいい

他の誰かなんて嫌だ
僕には君しか居ないんだ
なのにどうして

なんで君じゃなきゃいけなかったんだ
どうして君だったんだ

君は僕の前から居なくなった

僕が泣いていても
君は涙を拭ってくれない

泣き虫だって言って
笑うこともないんだ

もう君を想って泣くのは嫌なのに
君を忘れられなくて
僕が道に迷っていても
君はその手を握ってくれない

心配かけるなって
怒鳴ってもくれない

寂しくて淋しくて
いつもそっと抱きしめてくれていた
その温かさもなくて

また僕は独りぼっちなんだ

なんで君だったの
どうして君じゃなきゃ駄目だったの

こうなると判っていたなら
君を××になったりしなかったのに

もう、君は戻ってこない

だから僕がそっちへ逝くよ

まってて、もう少しだから

/2ページ 

週間ランキング