会員登録/ログイン

巡る季節

私が始めて高校に登校したのは4月の中旬だった。

別に、不登校って訳でもない。
入学前に交通事故に遭い、入院していたからだ。

休んでいたのは10日ほど。

その期間のせいか、知り合いのいない教室で孤独感を感じていた。

すでに仲のいいグループができている。
あまり社交的じゃない私は、その中に入りきれないでいた。

最初に声をかけてくれたのは、隣の席の男子だった。

「よぉ!俺、野島宣隆って言うんだ。よろしくな!」

突然すぎて、少し驚いた。
でも、それが少し嬉しかった。

「あの…、佐々木美咲です。よ、よろしく」

その時は、そう言い返すのが精一杯だった。

「怪我は大丈夫か?」

何で知ってるの?って顔をしてたんだと思う。
彼が慌てて続ける。

「あ、交通事故で入院してるって聞いたからさ、大丈夫かなって思ってさ」

「ありがとね。心配してくれるんだ」

私は笑顔で彼にそう言った。

/4ページ 

週間ランキング