会員登録/ログイン

もう一つのバレンタイン

☆★

~♪♪~♪~~…ピッ


「もしもし」

『俺。お疲れ様。』

「どちら様ですかー?」

『優ってば酷いな…今家か?』

「……さあね」

『なんだ?随分つれないな……さてはお前…俺がいなくて淋しいんだろ』

「そんなわけないだろ。浩太こそ俺がいないから淋しいんだろ」

『ああ』

「ば、ばかかお前!そこは否定するところだろうが!」

『そんなこと言われても、自分の気持ちに嘘はつけないからな』

「…ったく。……仕事、終ったのかよ」

『ああ、無事に…な。予定通り明日には帰れそうだ』

「そっか。お疲れさん」

『………』

「なんだよ。何か言えよ」

『………優………逢いたい』

「?!……明日逢えるだろうが」

『今、逢いたい』

「お前っ!だだっ子か?!どう考えても無理だろ!」

『今からなら最終の新幹線に乗れば間に合う』

「んな?!マジか?!……待て!!」

『ん?』

「いいからちょっと待て!俺がこれ……」


―――ガチャ


「から…………は?」

「よう」

「いや…ようじゃなくって…なんでここにいるんだよ」

「逢いたかったから、逢いにきた」

「は?明日の仕事はどうすんだよ。出張中だろ」

「そういう優だって、今どこに向かおうとしていた?明日の仕事は?」

「なんとななるかな…と…」

「俺もなんとななる。いや、なんとかする。それに…今日は大事な日だろ?」

「……なんだよその手」

「チョコレート。頂戴」

「うぬぼれてんじゃねーよ。誰があげるって言ったよ」

「とか言って…本当は準備してあるんだろ?」

「そんなわけないだろ」

「ふーん。……じゃあ、その後ろの手に持ってるのはなんだ?」

「……あっ!い、いや、これは咄嗟にだな…別に浩太にあげようと思って持ってきたわけじゃ…!……ってか!!耳元でしゃべるんじゃねえよ!!」

「あ、そっか、優は俺の声で感じるんだったな」

「……なんだよ…今日はえらく素直に離れるんだな」

「ん?もっとかまって欲しかったのか?」

「そんなわけじゃ…」

「今日はまずしなきゃならないことがあるからな」

「え?……っ!?」

「…………ハッピーバレンタイン。優、愛してる…」

「甘っ……」

「はははは。とりあえず、残りは部屋の中で…な」

/1ページ 

週間ランキング