会員登録/ログイン

たとえ俺が居なくなっても…

春風

初めての出会いは、高校の入学試験だった。
隣の席に座っていた子に一目惚れした。

だが、声をかけることもできずに試験は終了。
この高校の試験を受けてるなら、4月になればまた会えるかもしれないと、期待していた。


「どっちかが落ちたら会えないよな。それに、その子の第一志望じゃなかったらどうするんだよ。来ない可能性もあるぞ」
相談した史哉にそう言われる。

「それは…」
たしかに試験を受けていただけで、入学する保証はない。
俺は、それ以上は反論できなかった。

/8ページ 

週間ランキング