会員登録/ログイン

蕩ける甘味と、秋。

黄金の部屋


 日差しは暖かかった。
 カーテン越しに差し込む光がやさしい色に部屋全体を染め上げる。
 まるでイチョウの葉っぱのような黄色。


 目がさめれば、もう見慣れた私の部屋。
 小さめの、でも女が独り暮らすにはちょうどいいぐらいのワンルーム。

「彼の事を、もう思い出したくないの」

 そう親と親友に言って引っ越したのは一年前のこと。
 彼が出ていくと言っていたが、私から断った。
 もう思い出すことも辛い場所で生活するのは、出来そうにもなかったからだ。


「紅茶でも飲もうかな」

 なんて優雅を装うように言いながら、起き上がる。
 最近、親友がイギリスへ彼氏と行ったらしくて、お土産にと、缶詰めの紅茶を沢山貰ってしまった。その内の半分くらいは親にあげたのだが、それでも相当の量が残っている。
 唯一の救いは、私が紅茶を嫌いでないこと。

 お湯を沸かしながら、ついでにとトーストも用意する。
 これまたお土産として貰った、ジャムとともにいただく予定だ。

 何にも予定の無い休日。

 親友はラブラブ中で、他の友人達も忙しいみたい。親は二人でまた旅行だ。
 だから、本当に暇でいる。

 あれだけ集めた大量の文庫本もいつの間にか読破していたし、だからといって街にお買い物に行くのもめんどくさい。

 私はトーストと苺のジャムを机の上に置く。
 引っ越しした時に買った、小さめの机。暖色系のテーブルクロスを掛けたお気に入りだ。

 ピーっと、甲高い音が鳴る。
 お湯が沸いたみたいだ。
 ヤカンは沸騰すると、音が鳴るタイプのもの。色はオレンジっぽい赤。彼と付き合う前に一目惚れして買い、別れた今でも愛用している。
 むしろこの子の方が元彼氏より長く居て、なんだか可笑しい。

 早速、カップを暖め、そこに紅茶を注ぐ。
 ゆっくりと、慎重に。
 カップに注ぐ紅茶は、紅というより、黄金色に見えた。

 ふわりと広がる香り。

 なんだか、あの頃を少し思い出した。
 彼と何でもないことで笑っていた日々を。
 今思えばとても大切だった、黄金色の日々。

 涙がひとつ、カーペットを濡らした。

 窓からの日差しは、まだ部屋を黄金に染め上げたまま。


 あの色の懐かしい日々を思い出す。




/16ページ 

週間ランキング