会員登録/ログイン

4世帯家族

母が危篤状態になった。

その知らせを
病院から受けたのは
真夜中の午前2時。

とはいえ
僕には不思議と
驚きもショックも
ほとんど無かった。

ああ
ついにか!

その瞬間に思った。

もちろん
悲しきことに
違いは、ないのだが

自分でも驚くほど
僕は冷静で、いられた。

おそらく
心の準備は
充分すぎるほど
できていたからだろう。

母は70歳。

今の時代の
女性ならば
まだまだ
生きれる年齢だろう。

しかし
母は脳血栓のため
2年前から寝たきりだった。

要介護は
最高ランクの5だった。

/293ページ 

週間ランキング