会員登録/ログイン

えへへ。

_

君が好きなんだ。
凄いと思わない?今まで人に興味を持たなかった自分が、君を好きになったんだよ?これって、凄いよ。とっても凄い事だよ。

人を好きになるって素敵だよね。わくわくするよね。毎日が光輝いて見えるよね。凄い世界観が変わるよね。

あれ?どうして?どうして君は泣いてるの?何で泣くの?好かれてそんなに嬉しいの?それとも、まだ足首が痛いの?傷、まだ完全に塞がって無いんだね。ごめんね。上手く縫ったと思ったのに。

え?手に持ってるのは何だって?嫌だなぁ。君の友達じゃないか。君が一人は寂しいって毎朝毎晩泣くから、寂しくないように持ってきてあげたんだよ。足りないならまだ持ってくるよ?君は友達が多かったからね。この部屋が埋まっちゃうかも知れないけど、コンパクトにするから大丈夫だよ。心配しないで?

あ、これ腐り始めてるね。これ、誰だったけ?ああ、そうだ。君の大親友の●●ちゃんだったね。君が僕の家に泊まりに来てるのを知ったら、真っ直ぐ僕に掴み掛かってきたんだよ。酷いよね。僕、何もしてないのにね。ただ君を僕の家に泊めてるだけなのにね。

あ、お腹空いたの?そうだね。もう3時だもんね。おやつでも食べようか。今日は凄いんだよ?君が好きなケーキが買えたんだ!大変だったんだよ?限定だったか朝から並んだんだから。僕、頑張ったでしょう?今、お茶淹れてくるからね?一緒に食べようね!!







end

/1ページ 

週間ランキング