会員登録/ログイン

千年時計、友達の結婚式にハブられる。

千年時計、友達の結婚式にハブられる 。(2009.3.11日記より)

16000HIT達成、ありがとうございます!!m(_ _)m

記念として、厳選した過去日記を大幅に加筆修正して『雑想』に一気に公開しました!

その一環でずっと過去日記を漁ってたんですが。

もう書いたと思っていた例の結婚式の話がまだだったことに気がつきました。



式といえば幸せそうな二人を肴にドンチャン騒ぎを巻き起こすというのが世の慣習なわけですが、やはり何度見てもいいものです。

幸せオーラが痛いほどに突き刺さってきます。

そんなときは40歳になっても結婚できないいとこを思い出すとなんとも心が安らぎます。

そのままの君でいて。

そんな結婚式ですが、あの時あんな悲劇が待っていようとは誰が予想していたでしょう・・・。



三年前先輩が、近く式を挙げるのでそのときは呼ぶからね、と言ってくれました。

そのとき、よかったら曲を作って一曲歌ってくれないかとも。

千年時計、俄然燃えました。

なんたって尊敬する先輩の結婚式です。

四苦八苦しながらも心を込めて、当時の僕ができる最高の結婚ポップソングを作り上げました。

その名もストレートに『結婚しようよ』。

準備は万端。

あとは連絡を待つのみ。

とても楽しみで、僕の心はすでに先の結婚式へ飛んで行ったかのようでした。



それから数ヶ月・・・。




遅い!щ(゚Д゚щ)

招待状が一向に届く気配がありません。

よく誕生日のプレゼントを贈り合っていたので、住所を知らないのはありえません。

式は夏頃と言っていたはず。

予定が変わった?

でもいつ来ても大丈夫なように練習しなきゃ。

そんな9月のある日にやってきた一枚のはがき。




『結婚しました』



・・・過去形?( ̄■ ̄;




透かしてみました。

裏返しました。

逆から読みました。

炙ろうとしてやめました。

しかしどこからどう読んでも事後報告であり、招待状ではありませんでした。

跡に残されたのは真っ白な僕と一枚のはがき、そして宙ぶらりんの結婚ソングだけでした。

妙に悟りました。

あぁ、これが偉業達成の瞬間か。




『千年時計、友達の結婚式にハブられる 』

/4ページ 

週間ランキング