会員登録/ログイン

金の皿と銀の皿

金の皿と銀の皿

銀の皿と 金の皿

海の魚を塩で焼き

タイムの葉っぱで仕上げます

バゲットにバター、ガーリックソース

チーズにレッドペッパー
ブーケガルニをパラパラ

食べた後は、サイクリング

池の鳥を眺めながら、冬の寂しい景色を白銀のひとひらの美しさを

かつての私と彼女の様には戻れない、切々と降る雪のように。

春になれば、雪は溶けて夏の一滴になるのでしょう。

私たちは水のように流れている。

魂の有る限り、人間として、踊り、叫び、歌い合う。いつかは誰かとまた会うだろう、その時は、金の皿と銀の皿、トマトに魚、いつかした愉快な会話。


/1ページ 

週間ランキング