会員登録/ログイン

夜明け前にウィスキーを

あらすじ

落ち着いた音楽が流れるレコードとダークブラウンで統一したバーカウンター。  棚には姉さんが揃えた、色とりどりのリキュールとワインとウィスキー。    バーテンダーとしては、まだまだ未熟な俺にとって、身に余るほどのものたちばかりで。  店に来るたび、もっと早く、一人前のバーテンダーにならなくてはと思ってしまう。    何故なら、今の俺はバーテンダーとしての実力よりも、この見た目の方が人気で、俺としては、不甲斐ないことに尽きないのだが。  どうやら、思わず触りたくなる砂茶色のボブヘアーと愛くるしいこげ茶の瞳が、堪らなく魅力的な可愛いバーテンダーとして何故か人気が出てしまった。    ほんと、どうしてこうなってしまったのかと、小一時間程考えたくなるが。  どうせ考えても埒が開かないことなので。     自分の未熟さ故に、こうなってしまったんだなと思いながら。  一つ、ため息をつくと。    チリーンと、店の扉が開く音が聞こえた。  


週間ランキング