会員登録/ログイン

生きる

生きてみようか?

静かに雪が降る
黙ったまま 空を見上げて
それを 見ている
昨日の僕は 確かに
落ち込んでいて 逃げたかった
誰も知らないどこかに
走って行きたかった

言葉にしても ぬぐいきれない
不安を抱えて僕は
生きてた…

一つ一つ 確かめるように
記憶をたどる
忘れていたことも 悲しかった日々も
一つ一つ 積み木みたいに
僕が生きてきた証だった

昨日の僕は 確かに何かに絶望して
立ち直れずにいた
だけど どこかで それを見ている
もう1人の 僕がいた「大丈夫」
僕は1人じゃないと 気づく…

誰かの優しい心に触れては
情けない心を 閉ざしてた
今日の僕は 確かに 笑っていた
降り積もる雪 暖かいキミの手が
頬を なでていく…「大丈夫」

無様で不器用でも 笑われても
いいじゃないか

君は君だけの生き方が あるのだから
勇気を出して 生きてみようか?
人生という 積み木を また
一つ一つ 積み重ねながら
僕は確かに 生きていこう…

/1ページ 

週間ランキング