会員登録/ログイン

モテモテ?の元男の子

1

樹里ちゃん!

そのスカート
少し短すぎるよ!

三人とも
目のやり場に
困っちゃうわよ!

僕のミニスカを
母が指差して
冗談っぽく言う。

大丈夫だよ!

あの子たちは
私を異性とは
思っていないから!

僕は自宅を出た。

これから
中学時代の
親友の三人に
僕は会いに行くんだ。

僕の名前は
高木樹里(たかぎじゅり)
今は高校一年の女の子だ。

あえて
今はと言ったのは
僕は二年前まで
男の子であったからだ。

その辺の事情は
今から詳しく
話すことにする。

自宅を出て
駅に向かう途中
ミニスカの裾か
頻繁にビル風で翻る。

やっぱり
お母さんの
言っていたように

ちょっと
このスカートは
短すぎたかな?

僕は後悔してきた。

でも
みんな喜ぶからな!

三人の男の子の
顔が思い浮かんできた。

/418ページ 

週間ランキング