会員登録/ログイン

未成年

未成年

眠い瞳をこすり ぼやけた頭で
重たいリュック背負い 学校へ向かう

同じ制服 窮屈そうに満員電車に
乗り込む

世の中にはいろんな奴がいて
いろんな事が起こる

僕はまだ若いから 昔のことなんて
知らない

TVのニュース 悲しいと感じても
あまり よくわからない

お母さんは昔の話をする
おばちゃんは戦争の話を聞かせてくれる

食べ物も自由もなかった時代

僕は頭の中で 想像するしかできないけど
子どもから大人に変わっていく
この瞬間 いろんな気持ちが
心をよぎっていく

普通って何? 常識って何?
どうしてもみんな同じじゃなきゃ
いけないの?

友達ができた でも 親友って何?

ずっと大切な存在 そいつのためなら
僕は 命を張ってでも 守っていく
きっと それが 大切な存在

お母さんは「誰にでも優しくしなさい」
おばちゃんは「自分の人生だからさ
しっかり生きなさい」って言う

大人って何?

僕は まだわからなくて 時々
戸惑ってしまう

いろんな事があっていろんな不安があって
でも いつでも 助けてくれる人がいる

時間は巻き戻らない
明日のことなんて知らない
だから 「今」この瞬間を大切に生きていく

僕は まだよくわからない
それでも
世界にはいろんな嘘があって
真実はいつも 隠される

たまたま 同じ時代に生まれた
未成年たちよ

知らなくても見えなくても
約束しよう

踏まれても蹴飛ばされても
めげない 雑草のように
生きていこう
そして いつか 出会えたら
宝の地図広げて 熱く 語り合おうよ

不器用な自分を愛して、
どん底でも 必ず 這い上がれ

心を捨てないで強く生きていこうよ

君と約束しよう

僕は不器用だけど
いつか君に出会うために
前に進むから
いつか会おう

/1ページ 

週間ランキング